酵素ドリンクで乾杯!

私は、実名ではなく仮名を使わせていただいたのですが、その理由は、他でもなくこの文章の感動的なすごさにあります。一読して、普通の肥満とは異なることは誰にも理解できると思いますが、この状態は、単純性肥満とは区分されて「過食症」と呼ばれています。私は、この過食症こそ、近代文明とくに現在の精神文化の歪みを象徴する病気のひとつではないかと思っています。過食症は第二次世界大戦後から暫くして、アメリカの若い女性に多発するようになり、いま、日本の若い女性の中にも急速に増大しつつある病気です。

 

見かけは、肥満としては極めて軽症なのと、知的女性に多いことなどから、なかなか周辺に理解されないのですが、表面の明るい振る舞いとは裏腹に、実は本人は深い暗闇に閉ざされていることが多いのです。私も、まさにその典型で、したがって書かれた医学的内容は、医師としては驚くものではありませんが、ただその文章表現力には舌を巻いてしまいました。まさに知的女性に多いことの証明です。過食症の治療については、現在アメリカでも日本でも医師が大変難渋しており、その治癒率は大変低いことが分っているのですが、実は最近、過食症に酵素が用いられて高い治癒率を上げつつあることが、著者以外の研究者からも報告されてきました。さて、ここまでこの本を読みとげられたみなさん、「なんだ、そういうことだったのか」と、思われたとしたら、この酵素のまさにコロンプスの卵のような謎解きもおしまいです。自分の好みの肴をならべて、まずは乾盃!