酵素ダイエットってどうなんだろう

そしてさらには、ちょうど山の頂上に登ったときに広々と見わたせる景色にも似た、自分の心の視野の広がりを感じられるかもしれません。これが、酵素のゴールなのです。したがって酵素は、本来はダイエット法ではありません。正確に表現すれば、ダイエットも使った、あるいはダイエットにも応用できる自己調整システムとでも言うべきものなのです。

 

それとすでに、酵素は肥満だけではなく、多くの生活習慣病のケアにも有用であることが、われわれの予備テストでも推定されているからです。さて、最後にあなたがプロの医療関係者であり、知的興味でこの本をお読みになったとしたら、きっと数々の疑間と困惑あるいは反発を覚えられたのではないかと思います。それは、従来の手法しか知らない方(現在は、ほとんどのプロがそうですが)あるいは、それしか武器にしておられない方にとっては無理からぬことです。なぜなら酵素は、 一見あたかもこれまでの手法の全否定に見えるからです。とくに、第1原則「例え健康に良いこと(運動など)や、食べ物でも嫌であれば決してしない(食べないとと第2原則「例え健康に悪いこと(食べ物)でも好きでたまらないか、やめられないこと(食べ物)は、とりあえずそのまま続ける(決して禁止しないとには、目をむかれたに違いありません。なにしろいままでの指導原理は、ちょうどこの二つの原則の反対なのですから。そこでプロ向けの詳細な解説は、いずれ別のシリーズ(医学テキスト)で述べる予定ですが、以下簡単に核心の部分だけを説明しておきましょう。ご覧のように漢字の「人」を示していますが、これをモデルにして考えてみると分りやすいかもしれません。